エコカーカップ2015 サマーフェスティバル レポート その7

エコカーカップ2015 サマーフェスティバル
11時に決勝スタート、赤旗はもちろん、黄色い旗が出ることもなくレースは進んでいます。

3分15秒を守ったストレートスピードはこんな感じ ↓ ↓

3時間後は遥か彼方かと思いきや、気がついたらもう2時間経っていました。

交代はあと二人。
私(秋田)は『順調に走っていればいいや』と、順位は気にしていませんでした。

そこに落とし穴が・・・

順位を表示するモニターを見ていたメンバーからの情報、
【もしかしたら最低周回数に届かないかもしれない】

ぜーんぜんそんなこと考えていませんでした。

1周4分ではダメな事は分かっていたので、3分45秒以内くらいで走っていればそこは気にしなくてもいいかな?
みんな3分30秒くらいで周っているし。

と、漠然と思っていただけで、ちゃんと検証してませんでした。
もっとも、検証してても実行できなかったですけどね・・・苦笑

そこで急きょ作戦会議!

≪レース中3回は3分15秒切ってもペナルティにならない≫
というルールがあります。

まだ1回も切っていないので、これを使おう!
1周30秒くらいは早く走れるので、3周で1分半稼げるはず。
→約半周前に行ける。

これを秋田が走行する最後の時に使うことにしました。

IMG_5781-14
走行自体は順調にこなしラスト30分、いよいよ私の番です。

じつは、途中から余裕がなくなってビデオのバッテリー交換が出来ませんでした。
なので、このへんの車内映像がないんです。

参加メンバーのみなさん、ゴメンナサイ。

これでカンベンしてね。↓ ↓

さあラスト30分、私の出番。
昨日乗っているとはいえ、ちょっとドキドキしながらピットアウト。
じつは私、ひとりで走る系のモータスポーツをやってきたので、こういうレースは初めてなんです。

ピットに入っている間の時間も3分15秒に入るため、ピットアウトした周は全開走行できるので、ゆっくり走るのはもったいない。
危なくない程度に燃費を気にせずアクセル踏んでいきます。

ホントはここも全開でいければいいんだけど、安全が最優先なのでね。
ゴールすることが最低条件ですから。

約半周のヘアピンに差し掛かった頃、次の問題が・・・

あれ、燃料がない!?
ピットアウトする時に、燃料を入れるためにパドックへ入るプリウスを【やっちゃったね】と横目で見た半周前を思い出しました。

続きます。

みんなで楽しみましょう!
あなたの入会、お待ちしてます!
Gear+ 入会案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です