「サーキット」タグアーカイブ

Gear+の袖森フェスティバルは走らない時も楽しい♪ その2

Gear+枠の走行時間は11時。
30分前に走行前の独自ミーティングをします。

コースイン、ピットインの方法、旗の意味、走り方などを詳しく解説。

朝のミーティングからは3時間近く過ぎているので、ここでもう一度するのは思い出せていいです。
小さくやるので、質問もしやすいですしね。

今回はお世話になっているインストラクター、間野先生にお願い。

慣れている方もより理解を深めることが出来るよう、前に出て説明してもらいました。
人に説明するって大変ですよね。

10分前には装備を付けて走行準備完了。


やる気まんまんのみなさん!笑

今回は、Gear+のように枠で借りている団体は、ワンスマさんから完熟走行1周を指示されました。

コースの状態、ポストの配置などを低速走行で確認、とても危険なホワイトラインカットをしないために、カルガモ状態でゆっくり入るのはいいことです。


(今回の完熟走行ではヘルメットなしでの同乗もOKでした)

1周回ってピットへ、そこからフリー走行開始です!
完熟走行をすると、1本目は15分弱だけど、思いっきり行ってください!

帰ってきたらお昼ごはん。
ここからオフ会の始まり―♪

せっかくなのでみんな集まってケータリングを楽しみます。

お弁当もあるけど、何と言ってもみんなに人気なのがその場で作る豚丼。
「これ目当てに来てる」って公言する人もいるくらい。笑
(ヤバい、さっさと食べてしまった・・・)

他にもおいしいスープやケーキ、コーヒーのサービスもあってみんな大満足!
あっと言う間の半日です。

続きます!

会員の広場で先に知り合いになると、現地で気楽に話せますよ♪
もちろん会費は無料です!
6月にはジムカーナタイプの4輪練習会も予定しています。
Gear+ 入会案内

Gear+の袖森フェスティバルは走らない時も楽しい♪ その1

4月29日(日)袖森フェスティバル
楽しく1日過ごしてきました♪
Gear+走行枠で走るとこんな感じ、と言うのをレポートしてみます。

袖森フェスティバルは、 “気軽に走ろう” がウリ。
『サーキットで一日遊ぼう』 が目的なので楽しく過ごせればOK。

ただ、そうは言っても初めてはもちろん、数回しか経験がないとやはりサーキット走行のハードルはちょっと高い。
友だちがいればいいけど、ひとりでは申し込むのは相当勇気がいりますよね。
そういう方に参加してもらいたいGear+枠です。

じつは前日までにもう袖フェスは始まっているんです。
参加を申し込むと、ネット上にあるコミュニティに招待、業務連絡をしながら参加者双方でコミュニケーションを取れる環境を作ります。

もしその時点でGear+に入会すれば、会員全員が見られる『会員の広場』にも招待。袖フェスへ向けてのいろんな発信も見ることが出来ます。
こんな感じ↓

そして当日
パドックの駐車場は【Gear+】エリアへ。
そこに止めれば同じ走行枠の方々、自動的に挨拶されますよ。

受付もGear+で。

周りの人は知り合いだらけなので、すでにワイワイと始まっています。

紹介すればすぐに輪に入れる雰囲気はGear+ならでは。
準備の仕方が分からなくても慣れている人に教えてもらえますよ。

ミーティング前は、ゼッケン張りやセンサー取り付け、荷物下ろして結構忙しい。
澤選手のミーティング前までにそこそこやっておきましょう。
集合が掛かったら、35番ピット前へ行って朝の会が始まりです。

全体ミーティングから帰ってきたら、ひとりずつ参加者を紹介していきます。
クルマと顔を見てもらうこと、経験を聞いて走行時に生かしてもらうことが主な目的。
何人かを紹介してみますね。


フルバケの入ったスイスポで走る久しぶりのTちゃん。


NAロードスターのIさん。


最年少なのにS2000乗りの拓海くん(本名)!


Z32から乗り換えたSさん、N-ONEレースデビューか??


今回初めての参加、Uさん。86で久々の復活だそう。


こちらも入会ほやほや、フィルダーで初参加。全開初体験のHさん。


こちらは常連さんのMちゃん。フルバケとおニューのヘルメットデビューでした♪


今回代表はレンタルトゥデイで参加♪

また、同じクルマに乗っていたりすると、初めてでもすぐに仲良くなっちゃいますね。

続きます♪

会員の広場で先に知り合いになると、現地で気楽に話せますよ♪
もちろん会費は無料です!
6月にはジムカーナタイプの4輪練習会も予定しています。
Gear+ 入会案内