「車の保険」カテゴリーアーカイブ

スポーツ車は本当に維持費が高いのか? 【自動車保険編・事故処理】

クルマと長く付き合うために、出来るだけ分かりやすく維持費の説明をしました。

自動車保険はとても複雑で、プロでなければあなたに適正な保証内容を検討することが出来ません。
そして、スポーツ車を20才以下の人が持つとき、自動車保険は恐ろしい保険料になります。

まず、最低限の知識を持っていてもらいたく、項目を分けて記事にしました。

s15
(ニッサンHPより)

☆ 事故処理

いまさらですが、自動車保険は何のために加入するか?

事故が起きた時に、相手の人への補償・自分やいっしょに乗っていた人の治療費やその他の補償、ぶつかった相手の物を修理する費用、車両保険に入っていれば自分のクルマを修理する費用など、いざというときにそういうもの(保険金)を保険会社からもらうために加入します。

ひとことで言ってしまえば保険金をもらうことですが、それ以外にも保険に入っていると受けられる恩恵があります。

事故が起きた時、最初の処理から解決まで、基本的に保険会社がやってくれます。
極端な話、ぶつかったクルマの中から保険会社の事故受付センターへ電話して、【事故に遭ってクルマの中にいる、この後どうすればいいか?】と連絡すれば、何から始めればいいかを教えてくれます。

基本的な知識は持っていたいですが・・・

また、事故処理が解決するまでの間、事故の相手(保険会社含む)に対して治療費や修理代などを交渉、解決するまでの処理をしてくれるわけです。
そして、最終的に【もうぶり返さない】という内容が決まったら(=示談)保険金を支払ってくれます。(必要な金額は途中で支払う事もしています)

自動車保険に入っていないと、事故処理すべてを自分でやることになります。

車検があれば自賠責保険から治療費が出ますが、相手との交渉など事故処理については何もやってくれません。
相手にケガをさせてしまったら、相手に対してお詫び・自賠責保険を使って治療費の処理・足りなければ自腹で支払い・・・どちらがどれだけ悪いかと言う過失割合も自分で交渉するしかありません。

また、相手のクルマを直す費用はすべて自腹です。
あなたもケガをしてしまった場合だって、こちらが悪ければ治療しているヒマなどないです。
想像すると、ゾッとしますね。

ほとんどの人は、一生に何度もない交通事故、ちゃんと処理できる人はまずいません。
そういう意味でも、自動車保険(任意保険)に入ることは絶対に必要と認識してください。

また、今の世の中は変な輩も多いので、そういう人が相手になってしまった場合は、保険会社に任すか、ほとんどの契約で弁護士特約が付いているので、弁護士に任せることも出来ます。

ポイント

注意したいのは、すべて保険会社任せにしない事。

あくまでも当事者はあなたですから、こちらが悪いときは相手に謝りに行く、治療状況や修理状況は保険会社の担当(もしくは代理店)に教えてもらって、必要があれば相手とも会う。

特に加害者になった時は、そういう気持ちでいる必要があります。

軽い事故でも、事故処理は本当にエネルギーを使いますよ。
改めて、自動車保険の必要性を認識してもらえればと思います。

自動車保険は事故が起きなければお金を捨てるのと同じですが、いざ事故に遭った時にはとても頼りになる、掛けたお金がまるまる戻って、さらにお釣りがくるほどの存在です。

ただし、代理店のないダイレクト保険や、代理店が何もしてくれない保険会社の契約では、かなり物足りない対応になっている現実があります。
もしあなたが事故に遭って困っている場合は、個別相談に乗りますので事務局の秋田まで連絡してください。(2015年12月31日まで無料です)

これをまとめたレポートがあります。
無料ですので、ぜひ請求してください。
請求していただいた方へは、不明点のアドバイスもおこなっています。
無料レポート スポーツ車は本当に維持費が高いのか? 自動車保険編

Gear+ 入会はこちら
Gear+ 入会案内

スポーツ車は本当に維持費が高いのか? 【自動車保険編・年齢条件】

クルマと長く付き合うために、出来るだけ分かりやすく維持費の説明をしました。

自動車保険はとても複雑で、プロでなければあなたに適正な保証内容を検討することが出来ません。
そして、スポーツ車を20才以下の人が持つとき、自動車保険は恐ろしい保険料になります。

まず、最低限の知識を持っていてもらいたく、項目を分けて記事にしました。

S__2646025

☆ 年齢条件

年齢条件は読んで字のごとく、対象とするクルマを運転して事故に遭った時、保険金を支払う年齢を決めることです。

何歳でも保険金が出る【全年齢】

20歳以下は出ない【21歳以上】

25歳以下は出ない【26歳以上】

34歳以下は出ない【35歳以上】

以上の4種類がほとんどの保険会社で採用されています。

保険料を決める大きな条件のうちの一つですが、これだけは工夫の余地がありません。

18歳から20歳までは事故を起こさない、事故をもらわないようじっと我慢するしかないです。
21歳以上の年齢制限を付けると、他の条件も重なり30%くらいは安くなるので、21歳の誕生日が過ぎたらすぐに保険屋さんへ年齢条件変更の依頼をしましょう。

ただし、兄弟がいる場合は注意です。
当然、弟(妹)が乗って事故に遭っても保険金は出ませんので。

また、家族限定が付いている場合は、年齢条件をクリアした友達が運転していても、この保険からはお金が出ませんので、よく覚えておく必要があります。

ポイント

家族限定、年齢制限は大きく保険料に関わる条件です。また保険料だけでなく、いざ事故に遭った時に、保険金が出るかどうかの大きなポイントでもありますので、契約内容が不安な場合は必ず確認してくださいね。

これをまとめたレポートがあります。
無料ですので、ぜひ請求してください。
請求していただいた方へは、不明点のアドバイスもおこなっています。
無料レポート スポーツ車は本当に維持費が高いのか? 自動車保険編

Gear+ 入会はこちら
Gear+ 入会案内