エコカーカップ2018夏大会 楽しんできました♪ その4

3時間のレースが終了、車検場でメーターチェックの後はすぐにエンジョイ60のレースへ。
メンバー交代してグリッドへ並べます。
(エンジョイ60は1台のみエントリー)

エンジョイ60の予選はくじ引き、Gear+のくじ運は恐ろしいほど低く、だれが引いても同じポジション。
今回も後ろは誰もいない場所からスタートになりました。苦笑


(くじを引きに行ったふたりがザンゲの図w)

このレースは1周4分45秒以上で走らなければならないので、正直ストレートを走るクルマは止まって見えます。笑
速度は60km/hくらいだからね。

ただのドライブ会にしか見えないエンジョイ60だけど、勝つためにはリッター30kmを超えないとダメ。
本気のチームは相当シビアなアクセルワークで走っています。

チャレンジ180よりさらに淡々と1時間が過ぎ、静かにフィニッシュ。
Gear+チームの111号車も無事フィニッシュ!

チーム内ではいろいろあったので、今回は勝てないことは分かっていたけど、目標に向かって力を合わせる1日は楽しい♪
次回に向けてまた経験値が増えました。

と言うことで、結果は次のようになりました。

Challenge180 出走76台
111号車 インサイト (HV1クラス 出走18台)予選 33位 
決勝 28位 
燃費 9位 17.7km/l 12.373㍑
クラス 3位 (18台中)
総合 6位 

112号車 インサイト (HV1クラス 出走18台)予選 39位 
決勝 50位 
燃費 15位 17.1m/l 12.708㍑
クラス 5位 (18台中)
総合 16位 

Enjoy60 出走52台 
111号車 インサイト (HV1クラス 出走15台)
予選 51位(くじ引き)
決勝 28位 
燃費 23位 27.7km/l 2.130㍑
クラス 6位 (15台中)
総合 18位 

Master of Eco Car (60/180ダブルエントリーの合計 出走44台)
111号車 インサイト 
Challenge180 6位
Enjoy60 18位 
総合 5位 

次回は2019年2月、冬大会となります。

その前、1月にトヨタモータースポーツクラブ主催の6時間レースがあります。
こちらもGear+ではエントリーしますよ。
興味のある方はお問い合わせくださいね。

Gear+ 入会案内

エコカーカップ2018夏大会 楽しんできました♪ その3

チャレンジ180は11時スタート、14時のゴール
76台をスタートするためにグリッドへ並べるだけで30分は掛かります。

スタートは停止からのよーい、どん!
とっても危ないです。そして76台が一気に1コーナーへなだれ込む!!
自分のチームはもちろん、周りも大きな事故が無いように・・・

勝ちにいくチームは作戦で、1周目に最初のピットインを消化。(ピットインは5回義務)
混雑を避けることが目的です。

予定通りピットインを終了、次のメンバーへ交代して間もなくピットがざわつき始めました。

【赤旗―!】

 
赤旗は大きな事故などが無いと出ません。もちろんエコカーカップでは初めて。

どこで何が起きたのかピットでは大騒ぎ。

で、何があったかと言えば、信じられないことに【計測システムがダウン】だそうです。
そんなこともあるんですね。

結局、再スタートはグリッドに並べての仕切り直し。
2時間40分のレースに短縮で再度始まりました。

エコカーカップは3分15秒以上で走らなければだめという規則があり、観客席からは【ただのドライブしているクルマが淡々と走っているだけ】に見えます。

やっているほう(の一部)は、限りなく3分15秒に近づけて走り続けるために必死なのですが・・・
と言うことで、見た目は淡々と進んでいつの間にか2時間30分を過ぎ、そのままゴールかと思いきや・・・

またまたアクシデントが発生!
最終コーナーど真ん中で1台停止、ガス欠です。

残り10分程度なのでこのままチェッカーかと思ったけど、黄色の注意旗を出したまま続行。
2時間40分のレースはなんとか終了しました。

じつは、コース内のレースは終了だけど、燃費のレースはまだ継続中。
半周回ってヘアピンの退避路から車検場へ進み、メーターチェックが残っています。


チェッカ-から車検場までの間で上手くやれば燃費を0.1km/L上げられるので、本当の勝負はここまで続く・・・特にエンジンの止まらないクルマは大変なんです。

走りきった時は嬉しいですね!
Gear+ 入会案内

【クルマがなくてもモータースポーツ】Gear+はクルマやカートを持っていなくても、モータースポーツを始められるグループです!